2018年2月1日木曜日

点と点を結ぶ【株式会社エッセ・社長の400字エッセイ】

スティーブ・ジョブスの名言。
未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。自分の根性、運命、人生、カルマ、、。何でもいい、とにかく信じること。点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。」
ジョブスは大学を半年で退学するも、大学に居座り続け、本能のままに学んだカリグラフィ(飾り文字)の授業が、後のマッキントッシュの特性、複数書体や文字間調整フォントを生み出す。私は今から30年前、その美しいフォントに魅了され、CPUスピード16MH、伝説の名器、マッキントッシュSE/30を60万円で購入。以来のマックユーザーだ。

人生の中で一生懸命やってきたことは、それぞれが「点」になる。その一生懸命やってきたことは、別々のところでやっているように見えるけれども、後で振り返ると、その様々なことが結びついて一つの「絵」を作っていく。人生において無駄な時間は、1秒もないはずだ。